自分だけの特有な症状であっても、体の可能性を信じてみませんか